SEMI LEOTAX

2010年8月26日 (木)

SEMI LEOTAX

蛇腹カメラです。フォールディングカメラとも言ったりするみたいですね。要は折り畳みカメラですな。折り畳み自転車に馴染みがあるので、違和感が無い。ちょっと違うか。とにかく存在感があります。
このカメラは某自転車店の店主より不動品を譲り受けたのを修理に出し復活させたものです。シャッター不調とレンズコーティング腐食、一部張皮張替えの依頼をYCSというカメラ修理の職人さんが同じ市内だったのでお願いしました。レンズはコーティングが腐食して白く濁っていたので、修理不能かと思っていたら、何とかしてしていただきました。目視では若干白濁していますが、写りには影響ないようです。古いものが蘇るのはやはりいいものです。

Img173
Nikon FE
NIKKOR 50mm F1.8
FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400
Img175
Nikon FE
NIKKOR 50mm F1.8
FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400

ワンタッチでレンズ、ファインダー共にオープン状態になる。

さすがに私の所有カメラでは一番年式が古いカメラとなります。1939年設立の昭和光学精機が1940年にSEMI LEOTAXを発売してるようですが、もともとこのカメラはZeiss Ikon Nettar2のコピーカメラです。戦前から戦後まもなくにかけての日本のカメラメーカーがほとんどそうだったのしょうが、ドイツ製カメラの模倣(模造)品を作っていたようですが、そうしたメーカーの一つで、1955年にレオタックス(ライカ+コンタックスをもじったらしい)と社名変更し、1959年には倒産してしまったようです。
SEMI LEOTAXの話に戻ると、発売後の1941年に太平洋戦争開戦ですから、間もなくしてから販売されなくなったようで、戦後の1948年に再販されたようです。このカメラもファインダー部に「Made in Occupied Japan」(占領下日本製の意)と刻印されているのですが、これはGHQ統治下の輸出向け日本製品に表示が義務付けられていたそうで、歴史の重みを感じます。

Img172
Nikon FE
NIKKOR 50mm F1.8
FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400
Img171
Nikon FE
NIKKOR 50mm F1.8
FUJICOLOR SUPERIA PREMIUM 400

何か蛇腹のカメラなんて前時代的もいいところの代物なのですが、折り畳むとコンパクトになるのは合理的で、作りもいたってシンプルです。フィルムは120フィルムです。操作はシンプルでファインダーのある面にボタンが二つあるのですが、シャッターボタンと展開ボタンです。ボタンを押すだけでワンタッチでレンズカバーが開き蛇腹が伸びて、ファインダーが開きます。撮影は、レンズリングにあるシャッターチャージレバーを引いてシャッターボタンを押します。軽い感触で小さなカシャ音でシャッターが切れます。

ファインダーは零戦の照準機みたいな代物ですが、パララックス補正ももちろん無く目安に過ぎません(笑)距離計は付いてないので目測です。数値はft表示で最短距離は3.5ftなので被写体にはあまり近づけません(笑)シャッター速度も最高速1/200と現代カメラの水準ではありません。

「ピントは目測、露出は勘」で撮れたら一人前なんでしょうが、私の腕では、その条件で撮影に臨むとピンボケ、露出不良の大量生産になってしまうので、道具に頼ろうとしたのですが… その辺の話はまた今度ということで。

シャッターを切った後、フィルムを巻くのを忘れて多重露光してみたり、ピンボケ、パララックス有りまくりのファインダーで構図がズレまくっていたりと泣かせのカメラではあるのですが、ブローニーフィルムということもあってちゃんと撮れた時はいい感じなのであります。ランニングコストは高いですが(汗)

Img181
SEMI LEOTAX
C.REGNINON Anastigmat 75mm F3.5
FUJICOLOR PRO400 Professinal


Img183
SEMI LEOTAX
C.REGNINON Anastigmat 75mm F3.5
FUJICOLOR PRO400 Professinal

何と言うか、普通に写りますね。

Img184
SEMI LEOTAX
C.REGNINON Anastigmat 75mm F3.5
FUJICOLOR PRO400 Professinal

逆行気味でのショットですが、意外に撮れてた。

Img185
SEMI LEOTAX
C.REGNINON Anastigmat 75mm F3.5
FUJICOLOR PRO400 Professinal

何故か、レトロ調のタッチに写っていた。

Img182
SEMI LEOTAX
C.REGNINON Anastigmat 75mm F3.5
FUJICOLOR PRO400 Professinal

撮り終わって、フィルムを巻かないとどんどん多重露光します。これも多い失敗の一つ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)