« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月27日 (月)

第6回 山岳グランフォンドin吉野

7月26日第6回 山岳グランフォンドin吉野に参加してきました。ロングイースト164kmのコースにエントリーしました。エントリーする際にちょっと無謀かなと思ったのですが、えーいやれるとこまでやってやれ!でエントリーしました。

何日か前からの天気予報で雨の心配をしていたのですが、スタート前には晴れました。たあちゃん、ツマン君、うえちゃんさんと私で一緒に走ろうということになり、4人でスタートしました。

200907260651_367
スタート前の様子

サイコンを忘れてしまったのとGPSロガーのスイッチを入れ忘れたため、今回はデータは何にもありません。朝7時過ぎからスーパーロング206km組から随時スタートし、ついでロングイースト164kmのスタートでした。

吉野神宮近くのスタート地点から吉野川に下り、橋を渡って津風呂湖沿いを走り第1給水所のある宇陀郡菟田野町まで走ります。緩やかなアップダウンのルートで快適コースです。私はロングライドのときは後半足が売り切れてしまうことが多いので、この快適コースは飛ばさずに走ります。うえちゃんさんは津風呂湖あたりで先行されていました。

第1給水所を過ぎるとすぐにだらだらと続く緩い上りが続いた後、一つ峠を越えるルートになります。この峠を越えるときには、すでに最後尾に近いポジションだったため、この時たあちゃん、ツマン君より先行していたため、人気のない峠を一人上っていました。ちょっと怖かったです(笑)

峠を越えるとエイドステーション「たかすみの里」に立ち寄り、柿の葉寿司を頬張りながらたあちゃん、ツマン君を待ってペースを合わせて走ります。エイドステーションを出発してすぐに雨が降り出しました。濡れ鼠になって下り基調の川沿いのコースを走ります。

川沿いのコースから標高970mの足の郷越が唐突に始まります。登り口からいきなり激坂になっています(笑)しかし、この登り口に入ったところでパンク… 雨の中チューブ交換を済ませて、気も取り直してついでに補給食のゼリーも食べて足の郷越に挑みます。

ツマン君はさすが実業団登録選手だけあってあっという間に見えなくなってしまいました。私はマイペース(でしか登れない)でえっちらおっちら登ります。コーナーや真直ぐでも視界の先でもうピークかなと思いつつ期待するのを何度も裏切られながらもひたすら登ります。途中ツマン君は何度か降りてきて様子を見てまたえらい速さで登っていくのを見届けながらあんなスピードは無理でも登るだけなら自分にもできる!と自分を励まします。
しかし、ツマン君区間区間で3往復くらいはしてくれてたと思います。本当に感謝です。
ようやく、頂上まであと1キロとあと500mの看板が見えてからも長かったですが、登りきることができました。

200907261230_368

残念ながらこの時点で標高1100mの五番関にある関門まで1時に着くのは無理ということでタイムアウト確定となりました。そのためショートカットして川上村から国道169号線で吉野まで帰ることになりました。関門までは辿り着きたいと思っていたので残念ですが仕方ありません。次なる目標にします。

長い下りは登りもそうだったんですが、ウエット路面に加え道幅は狭くてアスファルトは凸凹、落石も結構転がっているし、道路を横切るグレーチングも隙間が大きくとりあえず、舗装はしてある林道って感じです。なのでほとんどブレーキ握りっぱなしで下ります。ここでまたまたパンクです。ツマン君にイージーパッチを借りて対処しました。またまた感謝です。

雨は足の郷越山頂に付く頃に止んでゴールに付くまでパラパラと降りましたが、足の郷越手前が一番ピークでした。雨のライドはほんとしんどいです。

4時ごろにゴールに帰ってきました。距離は85kmだったそうです。完走は出来ませんでしたが、足の郷越をクリア出来ただけでも達成感はありました。「グランフォンド」に「山岳」の名称が付いているのは伊達でないです。

早速各コースの完走率が発表されていました。
http://www.nara-cycling.org/index.php?logid=96
天気も大きく影響したと思いますが、足の郷越、五番関が入るコースはやはりきついようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

7月20日 十三峠

前日の予定ではうじりんさん、たあちゃんとで妙見山に行く予定だったのですが、降水確率が高くなってしまったため見送ることに。朝起きると予報どおり雨がぱらついていたのですが、昼前には雨も止み路面も乾いてきたので一人走りに行くことにしました。

空模様は少し怪しい感じだったので近場の十三峠に行くことにしました。一昨日の疲れがまだ残っていたので十三峠まで登った時点でのどか村のソフトクリームはあきらめました。
低気圧のためか駐車場はかなり涼しく感じられました。

ヒルクライムは早い訳ではないし、登っている最中は「こんなしんどいことやってられへんわ」って思うんですけど、また来たくなってるんですよねえ。

Dst  42.2㎞

Max  42.7㎞

Ave  16.9㎞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月18日 十三峠

三連休は天気予報に振り回された感がありますが、土曜日はかなりいいお天気でというより暑すぎる一日でした。

土曜日にソロで十三峠に行ってきました。ボトル2本持って行ったのですが暑さのせいでフル活用です。駐車場で一息入れてのどか村へ向かいます。のどか村でソフトクリームを食べていつもは葡萄坂を下って帰るコースなのですが、もう少し坂を登ってみようという気になり、来た道を引き返して十三峠まで戻ってみることにしました。何度も十三峠には来ていますがのどか村から十三峠に向かう(奈良側から十三峠を登る)のは初めてです。

200907181232_364

奈良側から登るコースは大阪側から登るより楽に登れます。十三峠の駐車場で一息入れたら、もう一回くらい登れる体力はあるかなと思い試してみることにしました。一度大竹7丁目の交差点まで降りて登ってみることに…

しかし、中盤でいよいよ限界が来てしまい足を付いてしまいました。結局足は2回付いて頂上にたどり着きました。今度は足を付かずに登れるようがんばろう。

という訳で奈良側コースも含めれば一日で3回も十三峠を登ったのは初めてでした。

Dst  68.9㎞

Max  67.2㎞

Ave  15.3㎞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

六甲山チャレンジ

うじりんさん、たあちゃんと六甲山に登ってきました。六甲山は以前に登ったことがあるので今回で二回目です。

さくら夙川駅から甲山大師道の激坂を通り六甲山へ登るルートです。甲山大師道の激坂は何とかクリアしたのですが、はっきりいって今日はここまででした。六甲山登り口で息を整えるもどうも足が重い… で心がぽっきり折れてしまい足が付いてしまい、押して登るはめに… 

足が攣ったりしながらもうじりんさん、たあちゃんが登っている以上、何とか登らないととそれだけ考え一軒茶屋まで登れました。うじりんさん、たあちゃん散々待たせた挙句、下りかけたところをもう一度私のために一緒に登ってもらってありがとうございました。

200907111105_358

どうもここ最近何故だか満足に坂が登れてないのですが、グランフォンド吉野も近いし何とかしたいところです。メンタリティが弱ってるのかしらん。

017

※宝殿付近で電池切れになっていたようです。

Dst 101.7㎞

Max  59.5㎞

Ave  17.1㎞

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »